愛知県岡崎市(あいちけんおかざきし)の竜泉寺川(りゅうせんじがわ)、山綱川(やまつながわ)、乙川(おとがわ)一帯(いったい)は、古くからゲンジボタルの発生地として知られてる地域(ちいき)。国の天然記念物にも指定されているんだ。ところが今から30年前ころゲンジボタルが絶滅(ぜつめつ)しそうになったことがあったんだよ。それからずっと4年生・5年生全員とホタル飼育部(しいくぶ)のみんなが地域(ちいき)の人たちと協力しあって、ゲンジボタルの保護(ほご)と飼育(しいく)を続けているんだよ。ホタルが安心して住める環境(かんきょう)づくりに取り組んでいるんだね。
山綱川(やまつながわ)支流(しりゅう)でのホタル放流会
 







 

ホタルイカ

ホタルのほかにも光る生きものたちを見てみよう。光ることは生き物によって、いろいろな意味を持つんだよ。
ホタルイカ ホタルのように光ることから、その名前がついたホタルイカは、仲間どおしの信号や敵(てき)をびっくりさせるために青白い光を出すよ。
ヒカリ
キンメダイ
インド洋や太平洋に住んでいる魚。両目の下に光りを出す器官をもっていて、まぶたのような黒っぽい皮膚(ひふ)をあけたりしめたりしながら、光りをつけたり消したりするよ。光りを出してはサッと逃(に)げ、またほかのところで光りを出して、迷路(めいろ)のようにジグザグに泳いで敵(てき)の目をくらますんだって。
クモヒトデ ヒトデの仲間で、クモのように長い腕(うで)を持つクモヒトデは、敵(てき)に攻撃(こうげき)されると明るい光りを出すんだ。それだけじゃなくて、光っている長い腕(うで)の先を敵(てき)に投げつけて、敵(てき)が「何だろう」って思っているすきに逃(に)げるんだって。
夜光虫 海に住むプランクトンで、波があたったりしげきされると黄緑色に光るんだよ。
チョウチン
アンコウ
エサをおびき寄(よ)せるために頭のトゲの先を光らせるよ。
 
取材協力・写真提供:愛知県岡崎市立美合小学校、岐阜県多治見市「昆虫会」 林英昭氏、「ホタルの一生」(株式会社フレーベル館刊)