静電気とは、物質(ぶっしつ)をこするとおきることから「まさつ電気」ともよばれるよ。おおくの物は、電気をもっているんだ。だけど、その電気は、ふだんはプラスの電気とマイナスの電気がつりあっているからプラスにもマイナスにもなっていない。ところが、ものとものをこすりあわせると、電気のつりあいがこわれてしまうんだ。

ひとつのものが持っているマイナスの電子が、もう片方(かたほう)のものに移動(いどう)する。マイナスが移動(いどう)してきたもの、つまりマイナスをもらったものは、もっとマイナスの電気をもつようになる。それに対してマイナスの電子が出ていったものの方は、マイナスの電子が出ていった分だけ、プラスの電気をもつようになるんだ。

つまり、こすりあわせたどちらかにマイナスの電気が、もう片方(かたほう)にプラスの電気がたまってしまう。電気のかたよりをもとにもどして、つりあいをととるために、電気のひっぱりあいがおこる。これが静電気だよ。