2002年5月31日からは、第17回目のワールドカップが日本と韓国(かんこく)で同時に開かれる。世界のトップクラス32か国の選手のプレーを見られるチャンスだよ。サッカーの歴史や、出場する国のことを知っておくと、もっとおもしろいかもしれないよ。日本の活やくも楽しみだね。みんなで応(おう)えんしよう!
オリンピックとワールドカップのちがい
オリンピックもワールドカップも4年に一度開かれるという点では同じだよ。ちがうところは、オリンピックは東京やシドニーなどのひとつの都市で開かれ、ワールドカップはひとつの国で開かれることなんだよ。今回のように日本と韓国(かんこく)で同時に開かれることは、特別なんだね。

2002年ワールドカップ会場

2002年のワールドカップは日本で10ヶ所、韓国(かんこく)で10ヶ所の合計20都市で行われるよ。全64試合のうち日本と韓国でそれぞれ32試合が行われる。開幕戦(かいまくせん)は韓国のソウルで、決勝戦は日本の横浜(よこはま)で行われるよ。

サッカーの強い国

ワールドカップの歴史は70年にもなるんだ。今まで行われた16回のうち優勝(ゆうしょう)したことのある国を数えてみると、たったの7ヵ国。それを見ると強い国というのがよくわかるよ。ブラジル4回、西ドイツ3回、イタリア3回、アルゼンチン2回、ウルグアイ2回、フランス1回、イングランド1回。20世紀は南アメリカとヨーロッパでのチャンピオン争いだったといえるかもしれないね。21世紀はどうなるだろう。楽しみだね。