全ての生きものには、体の中に入ってきた塩分(えんぶん)の量を一定に調節するしくみがそなわっている。でも自分で調節できる量よりたくさんの塩分がとけこんでいる海水を飲むと、体の中によぶんな塩分が入ってきて、体中の水分が外に出てしまう。ちょうどナメクジに塩(しお)をかけると、体がちぢんでいくのと同じなんだ。だから海の水は、飲むと体によくないんだよ。

海にはエネルギーがいっぱい!
●石油 海の底にも石油があるんだよ。その海の底にある石油を、ほるための研究が進められているよ。
●波の力 波の持つエネルギーはとても大きく、しかもなくならない。この波の力を利用して電気をおこす研究も進められているんだ。
●深海水 深い海の底にある海水は、栄養もたっぷりふくまれていて、害になるバイキンなども少ない。この水を使って魚を育てるとふつうの養殖(ようしょく)にくらべて早く大きくなることがわかっているんだ。この深海水を利用するためにいろいろな研究が進められているんだよ。