台風が生まれるのは、赤道に近い熱帯の海。太陽の強い日ざしで、海の水が温められて、水蒸気(すいじょうき)という気体になるよ。水蒸気は温まった空気とともに、空に上がってゆく。空の上は気温が低いので、水蒸気は水や氷になり、雲ができるんだ。この時水蒸気は熱を出すので、まわりの空気はその熱で温められて、さらに上がってゆくよ。
これがくりかえされて、どんどん大きくなったものが、台風のもとになる雲なんだよ。
大きくなった雲には、まわりからさらに空気が流れこんで風がおきるよ。この時、北極から見て左巻(ひだりま)きに地球が回っている力<=自転>が加わって、空気は左巻きにうずをまくようになるんだ。うずはどんどん速さを増(ま)して、風も強くなっていく。これを熱帯低気圧(ねったいていきあつ)というよ。そして、最大風速が秒速17m以上になったものを、台風とよぶんだ。
うずが速く回ればまわるほど、中心に風も雨もほとんどないところができることが多いよ。これを台風の目というんだ。