台風は年中生まれるけど、暑い夏にはとくに生まれやすいよ。そして、大きな空気の流れにおされて移動(いどう)するんだ。台風には季節ごとにコースがあって、日本は8〜9月が通り道になることが多いよ。台風は海の上から陸の上へ移動すると、温かくしめった空気が流れこまなくなるから、だんだん力がおとろえて、やがて消えていくんだ。台風の命はだいたい5日くらいだよ。
地球の温暖化(おんだんか)が進むと、台風がもっと増(ふ)えるといわれているんだよ。
●2002年の台風は… 
毎年7月になると、日本列島はとても大きな空気のうず巻(ま)き<=北太平洋高気圧(きたたいへいようこうきあつ)>におおわれる。このうず巻きが上空にあってカベのように台風をさえぎるから、7月の台風は日本に近づけないことが多いんだ。でも、今年はいつもよりこのうず巻きのパワーが弱かったから、7月に大きな台風が2つもやってきたんだよ。 
ちなみに、日本では毎年、夏にむし暑い日が続くね。それは、この北太平洋高気圧がしめっていてあたたかいうず巻きだからなんだよ。
◎台風のなかま
世界各地では、発生する場所によっていろいろな名前でよばれるよ。アメリカではハリケーン、インド洋付近ではサイクロン、オーストラリアではウィリ・ウィリなどとよばれているよ。
◎台風の名前
「台風○号が発生しました。」天気予報(てんきよほう)でよく聞くように、日本では、名前のかわりに、生まれた順に毎年番号をつけて、台風を区別しているよ。アメリカでは、最近までミレーレとか、アグネスというように、人の名前を台風につけていたんだ。
でも、同じ台風を国ごとにいろんな名前でよんでしまうと、わかりにくくなってしまうよね。そこで、2000年から、日本をいれた14か国で、共通の名前を順番につけることになったんだ。今年の第1号はカンボジアがつけた「ダムレイ=象」、2号は中国の「ロンワン=竜(りゅう)の王」。7月に発生した台風5号には、日本が「テンビン=てんびん座(ざ)」と名づけたよ。だから日本国内の天気予報(てんきよほう)では「台風5号」、外国向けには「テンビン」としょうかいされたんだ。
日本をいれた14か国…日本、カンボジア、中国、北朝鮮(きたちょうせん)、ラオス、ホンコン<中国>、マカオ<中国>、マレーシア、ミクロネシア、フィリピン、韓国(かんこく)、タイ、アメリカ、ベトナム