くっつく技術(ぎじゅつ)は、いろいろなところで使われているよ。身のまわりを見てごらん。みなさんがはいている、くつ、それからランドセルに教科書、バレーボールやサッカーボールなどにも接着剤(せっちゃくざい)が使われているよ。えんぴつのしんやホッチキスのしん、楽器なども接着剤でくっつけてあるんだ。 また、電気製品(でんきせいひん)にはもちろん、ビル、橋、ジェット機や新幹線(しんかんせん)、レーシングカー、スペースシャトルや宇宙服(うちゅうふく)にも使われているよ。小さな世界のくっつく力が、大きな力となっていろいろなところで役立っているんだよ。ほかにも、くっついてるものをさがしてみよう!みんなの回りに、きっとたくさん見つかるよ!
最近は、紙、金属(きんぞく)、ガラスにプラスチックなど、どんな製品(せいひん)も一度使ったら、また回収(かいしゅう)してリサイクルできるように、社会全体で取り組んでいるよね。そうしたことから、接着剤(せっちゃくざい)もはがれやすいようにしたり、分別の手間がかからないように、ちがう素材(そざい)ができるだけまじらないような工夫がされているんだよ。
ビンなどはラベルをはがして何度でも利用できるように、ラベルには、はがれやすい接着剤を使用しているよ。
ペットボトルはあらかじめ、解体(かいたい)しやすいような接着(せっちゃく)にしてあるよ。