ひとくちにカレーといっても、国によってさまざまな種類があるよ。元気のもとがいっぱい入っている、いろいろな国のカレーを見てみよう。
●インド(北部地方)
牛乳や豆、とり肉やひつじ肉で作るよ。牛肉は食べないんだ。あまりからくないカレーだよ。ナン<=インド式オーブンで焼くパン>やチャパティ<=鉄板などでうすく焼いた平たいパン>といっしょに食べるよ。
●インド(南部地方)
野菜、ココナッツミルク、豆などで作るよ。暑い地方だから、スパイスをたくさん使っていて、とてもからいんだ。米がたくさんとれるので、ごはんとカレーをまぜていっしょに食べるよ。
●イギリス
とり肉、野菜、豆などで作るよ。インド風カレーを食べさせるお店が多いということだよ。
●パキスタン
ひつじや牛肉で作るよ。スープの多いカレーで、チャパティや、ごはんといっしょに食べるよ。
●タイ
野菜、とうがらし、フルーツ、エビや魚、ココナッツミルク、ナムプラー<=魚から作るしょうゆ>、パクチ<=かおりの強い葉をもつ野菜>で作るよ。油が少なくて、いろいろな種類の野菜が、たくさん入っているんだ。
●メキシコ
豆、とうもろこし、野菜などで作るよ。とうがらしなどのスパイスをたくさん使うんだ。タコス、トルティーヤ<=とうもろこしで作った平たいパン>といっしょに食べるよ。
毛利(もうり)さんの宇宙食(うちゅうしょく)
1992年9月12日、日本人ではじめてスペースシャトルの宇宙飛行士(うちゅうひこうし)として宇宙(うちゅう)へ飛び立った毛利衛(もうりまもる)さんは、宇宙食のひとつにカレーライスなどの日本食も何種類か持っていったんだよ。それも、おはしを使って食べたんだよ。ごはんとカレーは、スーパーマーケットで売っているレトルト食品。レンジであたためて、なかみは、ふくろから出さずに、ごはんを少しずつおはしでとりながら、ふくろの中のカレーにつけて食べたということだよ。NASAから用意されていた宇宙食は74種類の食品と、20種類の飲み物。でも、いちばん人気のあったものは日本のカレーだったんだって。