大笑いをすると、体中の筋肉(きんにく)を使うから、心臓(しんぞう)の動きが活発になって、血の流れもよくなるよ。ちょうどてきどな運動をしたような効果(こうか)があるんだ。だからすっきりした気分になるんだね。また、体を病気から守る力が強くなったり、ガンなどの治療(ちりょう)にも役立つことがわかっているよ。
ニッコリするだけでも効果(こうか)があるんだって。
日本人は、言葉がわからない時などにも、笑うことがあるよね。それは、外国の人は理解できないことがあるよ。「笑い」は文化のひとつで、国によって意味やとらえ方がちがうせいなんだ。

◆笑い祭り
愛知県名古屋市熱田区の熱田神宮では毎年5月に“笑いの祭り”が行われるんだ。この祭りは「酔笑人神事(えようどしんじ)」という祭りで、いっぱんには「オホホまつり」ともいうんだ。大切な剣(つるぎ)が熱田神宮におさめられて喜んだ様子を、今に伝える祭りなんだって。境内(けいだい)のあかりはすべて消されて、全員でいっせいに笑うそうだよ。
※写真提供/熱田神宮

◆笑いのことわざ
「笑う門には福来(きた)る=いつもニコニコしている人には幸せがやってくるという意味」なんていうことわざもあるほど、笑うことは生活の中でとても大事にされてきたんだ。だから昔から日本では「狂言(きょうげん)」や「落語」という笑いの文化が発達してきたんだよ。

笑うことは、自分が楽しいだけでなく、まわりの人たちも楽しくしてあげられる不思議な力を持っているんだね。大きな声で毎日笑って、心も体も元気でいよう!