●犬が人間と仲よくなれたのは、なぜ? ●いろいろな種類の犬たちが登場! ●すごいぞ!犬の能力
人間に聞こえる音の6分の1ほどの小さい音でも聞き取れるよ。
視野(しや)は人間より広いよ。人間の視野は150〜160度くらい。犬は250〜300度くらいで、かなり後ろも見えるよ。犬に色は見えないと言われてきたけれど、紫(むらさき)、青、黄色は見分けられるらしいよ。また「動体視力(どうたいしりょく)」といって動いているものを見きわめるのが得意だよ。
人間の100万倍も鼻がいいといわれているよ。においのかぎ合いが犬のあいさつ。においからいろんな情報(じょうほう)を得るんだよ。
犬は体に汗(あせ)をかかないので、舌(した)で体温を調整するよ。また人間の手や顔をペロペロなめるのは、うれしい気持ちのあらわれなんだって。
うれしいとパタパタふるしっぽ。犬の気持ちが見てとれるね。きんちょうしたりこわい時は、しっぽが下がっているよ。
 
 
犬は人間よりも大人になるのが早いよ。生まれてから2年ほどで、もう立派(りっぱ)な「成犬」。それだけに年を取るのも早くて、大人になってからは、1年で人間にすると4才ぐらいずつ年をとると考えられているよ。犬の12才は人間の60〜70才だって!
やさしくしてほしくてどこも悪くないのに具合が悪そうにしたり、かまってもらいたくて何か探(さが)しているフリをしたり…子どもみたいな行動をとることがあるよ。


長い歴史の中で、仲よく助け合ってきた人間と犬。犬を飼(か)う時は、責任(せきにん)を持って犬とつきあう覚悟(かくご)をしてね。ペットは家族の一員だよ。犬も人間も、お互(たが)いにうれしくなれるいい関係を結たいよね。