総合的(そうごうてき)な学習の時間を「梅っ子タイム」と呼(よ)んで、学年ごとに地域(ちいき)のくらしに関するテーマに取り組んでいる梅林小学校。6年生のテーマは「福祉(ふくし)」についてです。
 「ひとにやさしい梅林のまち」のために、まず体の不自由な人やお年寄(としよ)りの身になって考えようと、車いすや目かくしで学校内を動き回ってみました。すると、小さな段差(だんさ)や、荷物などでせまくなった場所は車いすで通りづらいとわかりました。また、目かくしで階段(かいだん)を上り下りしたり、マットの上などを歩くのは、とてもこわいと思いました。
 そこで、地域に住む体の不自由な人にお話を聞くと、大変さを乗りこえて元気に生活していることがわかったのです。お話のあとには「すごくがんばっている!」と思い、わたしたちがはげまされた気がしました。体が不自由な人を助けてあげるのでなく、おたがいに助け合い、共にがんばることが大切だとわかりました。