●どこへ消えたの?なくなるの?「とける」って何だろう ●とけるいろいろ ●酸のとかす力
水にとけるものは塩以外にもいろいろあるね。目に見えているものだけじゃなく、気体も水にとけるんだよ。
水にとけないものの例としては、油があるよ。でも、油はアルコールにはとけるんだ。
とけるものには、相性(あいしょう)があるんだね。
梅酒をみたことがあるかな。梅酒は梅の実を氷ざとうといっしょに「しょうちゅう」というお酒につけて作るよ。つけている間に氷ざとうや梅の味の成分だけでなく色素(しきそ)もアルコールにとけ出していくから、無色とうめいなしょうちゅうが色づくんだ。水にも色素はとけ出すよ。ほうれん草をゆでたあとの水は、うす緑色になっているよ。
用意するもの:ドライアイス・コップ・さとう・水・ストロー
コップにさとう水を作り、ドライアイスを入れてできあがり!
ぶくぶくもわもわする水をストローで飲んでみよう。売っているサイダーほどピリピリしないけど、サイダーの味がするよ。
※ドライアイスをいっしょに飲まないように気をつけてね。また、ドライアイスには 長い時間ふれないように!
みんなは食べることで栄養をとっているよね。食べものの栄養分は水にとけて、血液(けつえき)にまざって体じゅうに運ばれるんだよ。そして、体の中でいらなくなったものも水にとけて運ばれ、おしっこや便として体の外に出されるよ。いろいろな栄養分が水にとける性質(せいしつ)をもっていることで、人間をはじめ生きものの命が支(ささ)えられているんだね。