初倉小学校の教室には、ろう下とのかべがありません。となりの教室ともつながっています。とてもひろびろとした感じの校内です。
 そんな初倉小学校では「世界の人とわかり合うことが大切」と考えています。毎年、外国の人たちに学校に来てもらい、お話を聞いたりいっしょに遊んだりする「国際理解(こくさいりかい)デー」の行事があり、今年も6月に楽しいひとときを過(す)ごしました。今年は静岡大学の学生ボランティアさんといっしょに、全クラスが年に5時間ていど英語を勉強しています。
 歌やゲームをしながら英語を覚えたり、名前やあいさつを英語でしてみたりと、とても楽しい時間です。始める前は「英語はむずかしそうだな」と思っていたお友だちも「おもしろい!」と言っています。「家に帰ってお母さんにも英語を教えてあげたよ」というお友だちもいます。これからも楽しく英語を使っていけたらいいと思います。