●なぜあんなに飛ぶの?ホームランのひみつ ●バットに力を伝えて飛ばす ●ボールをより遠くに飛ばすために
 
ボールとバットがぶつかる場所のちがいによって、ボールの回転が変わるんだ。ボールが下から上へ回転すると、空気にボールを上へおし上げる力が生まれて、ボールはよく飛ぶよ。
みんなはボールを遠くへ投げるとき、空に向かって大きく山なりに投げるよね。
ボールを同じ力でより遠くに飛ばすためには、45度ぐらいの角度が一番よく飛ぶよ。
いろんな力がうまく働いてホームランは生まれていたよ。今まで一番遠くまで飛んだ記録は、1960年に大リーグのミッキー・マントル選手が打った193m(野球場の約2つ分)。プロ野球の選手ってすごいね!