漢字は中国を中心にアジアで広く使われているけど、ひらがなやカタカナは日本だけの文字だよ。どうやってできたのかな?
中国から漢字が伝わるまで、日本には言葉があっても文字はなかったといわれているよ。「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」と記された金印は西暦(せいれき)57年(約1900年前)に中国から送られたものだよ。
日本で漢字が広まると、今まで使っていた日本語の音(おん)を、漢字の音(おん)にあてはめた、万葉仮名(まんようがな)が生まれたよ。日本で一番古い歌の本「万葉集」は万葉仮名で書かれているんだ。
平安時代になると、万葉仮名(まんようがな)をくずしたり、一部をとったりした、ひらがなやカタカナができたよ。女性(じょせい)が書いた物語や日記も多く生まれたんだ。