泉小学校は長い歴史を持つ海辺の小学校です。泉小では40年以上にわたり、全校児童でアサリの産地、江比間(えびま)海岸の清掃(せいそう)をしています。お父さんやお母さんも小学生の時に清掃をしたそうです。
 清掃当日の朝10時、みんなで浜(はま)に行き、海岸線2キロメートルぐらいに散らばってゴミ拾いを開始。40分ほどでペットボトルや空きびん、トレーなど、ゴミ袋(ぶくろ)100袋以上のゴミが集まってびっくり! その後、地元の漁協の方からアサリをいただき、PTAやボランティアの方たちが、大きななべで作ってくれたみそ汁(しる)を食べました。
 食べた後、きれいになった海岸で潮干狩(しおひが)りをするのも毎年の楽しみです。5〜6年生が1〜2年生にとり方を教えながら、みんなで体験しました。とれた中には赤ちゃんのにぎりこぶしくらいの大きさのアサリもあって、みんな大満足。これからもアサリがとれる海岸を守っていきたいです。