●キノコは植物なの? ●どんなところに生えるの?  ●もしもキノコがなかったら?
キノコ<=菌糸(きんし)の部分>は、植物や動物をくさらせばらばらにして、植物の必要な養分にして土に戻(もど)す<=分解(ぶんかい)というよ>、という重要な役割(やくわり)をしているんだ。
もしもキノコがなかったら、森の中でたおれた木や落ち葉、死んだ動物やフンがどんどんたまっていってしまうよ…。キノコがつくった養分を植物が栄養にして育ち、動物が植物を食べて育つ。そして植物や動物をキノコが分解して土にもどす、とキノコが森をリサイクルしているんだ!
それ以外にも、キノコの仲間には木と助け合って養分や水をやりとりし、木を守る役目をするものもあるんだよ。
キノコがつくった養分が雨で流れて川を下り、海にとどいて、海草や貝の栄養になるんだよ。
森のキノコも海を豊(ゆた)かにする手助けをしているんだね!
キノコはおいしいだけじゃなくて、地球を守るすごい力を持ってるんだね!