http://www.komaki-aic.ed.jp/weblog/index.php?id=minami-e

 夏になると大ずもう名古屋場所が開かれますが、その前に小牧南小学校では「小牧南場所」が開かれています。すもう経験者(けいけんしゃ)の職員(しょくいん)が春日野部屋に働きかけてくれたのをきっかけに、児童会が中心になって力士2名を学校に招(まね)いて行っているものです。体育館のまん中に特別な土俵(どひょう)を作り、学校の代表選手と力士とで、はっけよい!力士は思った以上に体が大きくて、特に初めて本物の力士を見る1年生は、びっくりします。小牧南小では、地域(ちいき)の方々とのふれあい活動をいろいろ行っています。
  夏休みには、芝生広場(しばふひろば)のある校庭を使って、「パパクラブ」というお父さんたちのグループがキャンプ会を開いてくれました。10月最後の日曜日には「親子ふれあい体験講座(たいけんこうざ)・レクスポ in 小牧南」があり、スポーツや伊勢型紙(いせかたがみ)などを家の人といっしょに楽しみました。みんなも、大人になったらこの地域の人たちのように、学校や子どものためにお手伝いできるようになりたいと思っています。

※小刀や道具を使い、特しゅな和紙にもようを切り抜いたもの。

学校の校庭には芝生広場があるよ
力士同士の取り組みを見学
 
おすもうさんに教えてもらったよ
みんなで作ったごはんはおいしいね
 
校庭でキャンプファイアをしました