静電気は物と物をこすり合わせると起きる電気のことで、「まさつ電気」ともよばれるよ。ふだんコンセントや乾電池(かんでんち)を通してみんなが使う「電気」はつねに流れて動いているので「動電気(どうでんき)」、まさつで起きた電気は、動かず静かにその場所にたまるので「静電気」というんだよ。
電気には(+)と(−)の2種類があって、地球上のすべての物はこの2種類の電気を同じ数ずつもち、バランスをとっているんだよ。だからふだんは電気を感じることはないんだよ。
ふだんは(+)と(−)は同じ数
こすり合わせると一方の(−)の電気がもう一方へうつる
(−)がうつってきた方は(−)が多く、(−)が出ていった方は(+)が多くなる この状態(じょうたい)で物と物がふれると、(+)と(−)がバランスをとろうと、お互(たが)いの間に電気が流れて、電気を感じるんだ。