車両を走らせる方法が違(ちが)うよ。ふつうの新幹線(しんかんせん)や電車はモーターで回した車輪がレールの上をころがって前に進むのだけど、超電導リニアモーターカーはレールの磁石(じしゃく)と車体の磁石がひっぱりあったり反発しあったりする力を利用して、車体を宙(ちゅう)に浮(う)かせて進むんだよ。
止まるときも磁石(じしゃく)の力
「電力回生(かいせい)ブレーキ」といって、走るときとは逆(ぎゃく)の向きにコイルのN極S極を切りかえることによってブレーキをかけるよ。