リンゴの色を見るとき、必要なものがあるよ。なんだと思う?
ひとつは見るための目。もうひとつ大切なものは、光なんだ。
私たちがふだん見ているリンゴの赤い色は、光があるから見ることができるんだよ。
光の正体って何だろう?
色がついてないように見える光の中には、実はたくさんの色の素(もと)が入っているんだ。
たとえば太陽の光の中には、だいだいあいむらさき色に見える光がふくまれていて、人間の目で見ることができるよ。これらの人間の目に色として見える光を「可視光線(かしこうせん)」というんだよ。