●色を見るためには何が必要? ●リンゴはどうして赤く見えるの?  
●いろんな色を感じるのはなぜ?
私たちの目には、の成分を感じ取る3種類の細胞(さいぼう)が並(なら)んでいるんだよ。 この3つの成分の割合(わりあい)を脳(のう)でぶんせきして、数百万色のちがいを見分けることができる仕組みになっているんだ。
もの自体に色があるのではなく、光の反射(はんしゃ)で色を感じるって、なんだかふしぎだよね。
色の見えるしくみを思い出しながら、もう一度身の回りの色をよく見てみよう!