葉には、木が成長するための養分を作り出す役目があるんだ。養分が作られるのは葉緑体(ようりょくたい)というところだよ。葉緑体の中にある緑色の色素(しきそ)(葉緑素(ようりょくそ)というよ)が、太陽の光を使って、根から吸(す)い上げた水と空気中の二酸化炭素(にさんかたんそ)から養分を作るんだ。春から夏の間せっせと養分が作られ、幹(みき)を太らせたり枝をのばしたりして木は大きく育っていく。そして秋になると冬の寒さにたえる準備(じゅんび)を始めるよ。
葉をつけたまま冬を過(す)ごす常緑樹(じょうりょくじゅ)にも、紅葉(こうよう)がみられることがあるよ。どんな木にも、古い葉から新しい葉に変わる季節があるんだ。春、新しい葉が芽ぶくころ、古い葉がオレンジ色や赤い色に色づいて、いっせいに地面に落ちることがある。この様子は「春の紅葉」ともいうよ。