雪は、静岡県にはほとんど降(ふ)らないけど、日本海側や東北地方は、毎年のように雪が降っていて気温も低いので、私たち静岡県はゆうがな暮(く)らしができ、とても良い県に住んでいてよかったと思います!でも、たまには、雪が降ってほしいです!
静岡県浜松市立伊佐見小学校6年生のお友達
雪が降らないところに住んでいると、雪は楽しい遊びがたくさんできそうでちょっとうらやましいよね!たしかに雪のある暮らしは大変なことがいろいろあるよ。暖(だん)ぼう費がたくさんかかるし、毎日雪をどかすだけでも重労働。でもね、雪国の人たちはちゃんと雪を生活に利用しているんだ。雪のおかげでいいお米やお酒ができたり、甘(あま)くておいしい野菜を作ったりしているんだって。それに冬の間に降るたくさんの雪が、夏にとけて大量の水になって、水力発電に使われたり、飲み水や工業用水・農業用水にもなって、人々の生活を豊(ゆた)かにしているんだよ。雪がどんなふうに利用されているか調べてみるとおもしろいよ!
雪が降るしくみがよくわかって、おもしろかったです。雪・みぞれ・ひょう・あられは、よくにているような気がします。どんな天気のときに、降るのかが分かりません。また教えて下さい。
岐阜県神戸町立神戸小学校3年生のお友達
雪が降るしくみを知ると、雪がいっそう楽しくなるよね!雪・みぞれ・ひょう・あられはたしかによくにているよね。どれも、空高くあがった水蒸気(すいじょうき)が形をかえたもの。降る前にとけると雨になるよ。ホームページの雪クイズでもしょうかいしたけれど、みぞれは雪がとけかかったもので、ひょうとあられは氷のつぶ。ひょうとあられは、雷(かみなり)を起こすことで知られる積乱雲(せきらんうん)の中で生まれるんだ。発達した雲の中で氷の結しょうが上下する間に、くっついたり、とけたりこおったりをくり返して、大きく成長するんだよ。ひょうはつぶが小さいので、気温が低くとけにくい冬によく降るよ。つぶの大きなあられは、積乱雲がよく発達する夏にできやすいけれど、真夏はとけて雨になってしまうので、まだ気温が低い夏の初め、5月〜6月頃(ころ)に雷や強い風といっしょに降ってくることが多いよ。
*積乱雲については「(662)天気予報号」でもしょうかいしているよ。
雪はどうして白いの?
愛知県美和町立篠田小学校1年生のお友達
雪がたくさん積もった様子は、白くてとてもきれいだね。光にはいろいろな色がふくまれていて、どの色がはね返るかで見える色が決まるんだよ。白はすべての色の光がはね返ったときに見える色なんだ。氷がとうめいなのに雪が白く見えるのは、雪のつぶがいろいろな形をしていて、雪と雪のすきまに空気が入ってフワフワしているからなんだよ。そこに光が入ると、あちこちに光がはね返って、どの色の光も目に入ってくるんだ。それで白く見えるんだよ。とうめいなビニールをくしゃくしゃに丸めるとおなじりゆうで白く見えるよ。やってみてね!
*色が見えるしくみについては、「(634)色号」でもしょうかいしているよ。
 
ダイヤモンドダストが見られる場所を知りたい。
三重県菰野町立菰野小学校4年生のお友達
ダイヤモンドダスト、テレビなどで見たことがあるかな?キラキラしてとってもきれい。ぜひ見てみたいものだよね。ダイヤモンドダストとは、空気中にふくまれる水分がこおりついて結しょうになり、地上にゆっくり下りながら、太陽の光を受けてまるでダイヤモンドのようにかがやく様子のことだよ。「気温がマイナス15度以下」「晴れ」「風がない」など、いくつかの条件(じょうけん)が重なった時にあらわれるんだって。日本では山地や北国で、冷えこんだ真冬の晴れた朝によく見られるそうだよ。いつか見られるといいね!
雪って水蒸気(すいじょうき)とほこりが、くっついてできるんだ。だったら食べない方がいいの? お父さんが「雪をどんぶりに入れて砂糖(さとう)をかけて食べると美味しいぞ」って言ってました。やめたほうがいいですか?
三重県鈴鹿市立愛宕小学校4年生のお友達
雪は白くてきれいで、つい食べてみたくなるよね!登山をする人から、山の上の雪にあずきのかんづめをかけて食べるのを楽しみにしているって聞いたこともあるよ。でもね、すべてではないけれど、雪にくっついているほこりの中には、有害なものもあるから気をつけた方がいいみたい。とくに最近は、工場や車の排気(はいき)ガスなどで大気が汚(よご)れてしまったために、雪も汚(よご)れてしまっているんだ。また、いろいろなものをとかしてしまう酸性雨(さんせいう)が問題になっているけれど、同じように雪も酸性が強くなっていることがあるんだって。雪が安心して食べられるようなきれいな地球になるといいよね。
*酸性雨(さんせいう)については「(595)とける号」でもしょうかいしているよ。