波をつくっているのは海の上をふいている風だよ。風で波ができることは、お風呂(ふろ)のお湯に息をふきかけてみるとわかるよ。風におされてできた小さな波は、大きな波になったり、うねりやいそ波になったりと形を変えながら、遠くの海や海岸まで伝わっていくんだよ。