●食べ物はどこからくるんだろう? ●日本のフードマイレージはどのくらい?
●食べ物を運ぶと、どんな問題があるの?
日本のフードマイレージはどのくらい?
遠い国から食べ物を輸入(ゆにゅう)している日本のフードマイレージは、1年間で9,002億(おく) t・km。この数字は世界で一番なんだって!
フードマイレージを種類別に見てみよう!
日本に運ばれてくる食べ物で一番多いのはなんだろう?いろいろな種類(しゅるい)に分けて見てみると、パンやうどん、お菓子(かし)の材料(ざいりょう)になる小麦などの穀物(こくもつ)が53.2%と一番多いよ。次に多いのが、油用の種(たね)[大豆・綿(わた)の実・なたねなど]で約(やく)21%。肉類(にくるい)や魚類(ぎょるい)は、約3.8%だよ。
自分の国で作った食べ物はどのくらいあるのかな?
スーパーやお店にはたくさんの食べ物が並(なら)んでいるけれど、日本は自分の国で作ったもの[食料自給率(しょくりょうじきゅうりつ)というよ]が40%ととても低(ひく)いんだ。自分たちの食べ物の半分以上(いじょう)を外国からの輸入(ゆにゅう)にたよっていることになるよ。