●オーロラの正体はなに? ●オーロラはどこにできるの?  ●色はどうやって決まるの?
色はどうやって決まるの?
オーロラの色は高さによって変(か)わるよ。太陽風が、高いところにある酸素(さんそ)にぶつかると赤い光が、少し低(ひく)いところにある酸素にぶつかると緑に光るよ。さらに低いところにあるちっ素(そ)にぶつかると青く光るんだ。だからオーロラはいろいろな色をしているんだよ。
オーロラコラム:オーロラは動物を迷わせる?
太陽(たいよう)の活動(かつどう)が活発(かっぱつ)になると、太陽風(たいようふう)が強くなりオーロラができやすくなるよ。強い太陽風は地球(ちきゅう)の磁場(じば)を乱(みだ)すので、地球の磁力を感(かん)じて飛(と)ぶ方向(ほうこう)を決(き)めている伝書(でんしょ)バトが方向を間違(まちが)えたり、クジラが浜(はま)に打ち上げられてしまうことがあるんだって。
監修:名古屋大学太陽地球環境研究所 西谷望 先生
まとめ
オーロラは太陽と地球が作りだした、自然(しぜん)のイルミネーションなんだね。もし本物のオーロラを見られるチャンスにめぐり会えたら、夜空の向こうにある太陽や宇宙(うちゅう)を思いうかべてみてね!