オーロラはテレビでしか見たことがありませんが、きれいな虹(にじ)のカーテンみたいで大好(だいす)きです。いつか大きくなったら目の前で見てみたいです。
愛知県愛西市佐屋小学校2年生のお友達
「虹のカーテン」ってとても素敵(すてき)な表現(ひょうげん)だね。虹の色は、太陽の光が元々持っている光の色が見えているのよ。虹は、大気中にあるたくさんの水のつぶに太陽の光がはね返ってできるの。オーロラのでき方とは違(ちが)うけれどきれいな色が積み重(つみかさ)なって見えるのは同じだね。私(わたし)も目の前で見てみたいな。
きれいな光が太陽から作られるのが分かって面白いなぁと思いました。友達(ともだち)にも教えてあげたいです。あと、他にも太陽の力で不思議(ふしぎ)なことが起きることってあるのかな、と思いました。
愛知県名古屋市名城小学校4年生のお友達
太陽の力で不思議(ふしぎ)なことってどんなことがあるかな。 例(たと)えば、夏休みに海へ行った後に、いい色に焼(や)けたねーって言われたことはない?太陽の光がはだにあたると、ひふが黒っぽくなるのも太陽の力だね。他(ほか)にも太陽の力でどんな不思議なことがあるのか調(しら)べて教えてほしいな。
オーロラは北極(ほっきょく)と南極(なんきょく)の少しはなれた地域(ちいき)でできるということを初(はじ)めて知った。僕(ぼく)も一度オーロラを見てみたいなぁ。
長野県長野市川中島小学校5年生のお友達
北極と南極から少しはなれている、オーロラがよくできる地域のことを「オーロラオーバル(オーロラベルト)」と呼(よ)ぶよ。この地域は夏になると一日中日がしずまない「白夜(びゃくや)[夜になっても空が明るい現象(げんしょう)]」の季節(きせつ)になるので、明るくてオーロラが見えにくいの。だからオーロラがよく見えるのは、夜がとても長い冬の時期なのよ。
オーロラの仕組みと蛍光灯(けいこうとう)の仕組みは同じだとは知りませんでした。日本でもオーロラを見れたらいいのにな。
愛知県名古屋市小幡小学校4年生のお友達
日本でオーロラが見えるのは、太陽の表面で大きな爆発(ばくはつ)が起きて、オーロラの大きさやできる場所が変(か)わった時だけなの。それも遠くにあるオーロラの上の方が見えるだけだから、日本から見える色は赤色なのよ。オーロラオーバルで見られるようなきれいな色のオーロラは見えないけど、それでも日本からオーロラを見てみたいね。