今考えると、メダカの敵(てき)っていっぱいいるんですね。いろいろ知ることができました。
長野県青木村立青木小学校6年生のお友達
水の中には、今回しょうかいした生き物以外(いがい)にも、メダカの敵(てき)はたくさんいるのよ。例(たと)えば、イカリムシという寄生虫(きせいちゅう)やカビ。メダカの体にとりついて、メダカを弱らせてしまうの。水の中は危険(きけん)だらけだね!でもそのメダカも、プランクトンやボウフラを食べるから、かれらから見たら敵になるんだよ。水の中でもたくさんの生き物が食べたり食べられたりしながら、いっしょに暮(く)らしているんだね。
カダヤシは、メダカを食べるって書いてあったけど、同じくらいの大きさなのに、どうやってメダカを食べるのか、不思議(ふしぎ)に思った。
三重県鈴鹿市立玉垣小学校4年生のお友達
カダヤシは、まだ小さなメダカや卵(たまご)を食べるんだよ。メダカよりもこうげき性(せい)が強くて、何でも食べてしまう食いしんぼうなの。ときには大人のメダカのひれなどを食いちぎって、死なせてしまうこともあるんだって!
今回の特集(とくしゅう)を読んで、メダカを大切にしないといけないことを勉強できました。
愛知県美和町立篠田小学校3年生のお友達
メダカが日本からいなくなったらさみしいよね。それにメダカがいなくなると、水辺(みずべ)の生き物の「食べる」「食べられる」という関係(かんけい)がくずれて、他の生き物もいなくなってしまうかもしれないんだ。だから、メダカを大切にするということは、「メダカが暮(く)らす水辺の生き物たちみんなを大切にする」ということになるのよ。その気持ちをずっと忘(わす)れないでいてね。
ゴールデンウィークに近所の川にメダカとりに出かけました。川にメダカが泳いでいることは当たり前だと思っていたけれど、絶(ぜつ)めつが心配されているなんておどろきました。自分はすごく良(よ)い環境(かんきょう)の中で暮(く)らしているんだなあと思いました。
三重県伊勢市立上野小学校6年生のお友達
わあ、すごい!当たり前のようにメダカがいるなんてすばらしいね!特集(とくしゅう)では環境省(かんきょうしょう)のレッドデータブックをしょうかいしたけど、各都道府県(かくとどうふけん)でも調査(ちょうさ)をして、独自(どくじ)にレッドデータブックを出しているところがあるよ。メダカは三重県でも「準絶滅危惧種(じゅんぜつめつきぐしゅ)」に指定されているよ。近所の川がいつまでもメダカの暮(く)らせる良(よ)い環境(かんきょう)であるように、守っていきたいね。
今、家で金魚を飼(か)っていますが、メダカも飼って増(ふ)やしてみたいと思いました。
愛知県名古屋市立引山小学校3年生のお友達
金魚は何匹(なんびき)くらい飼(か)っているのかな?金魚の飼い方を知っていたらきっとメダカも上手に育てられるよ!ただ、いっしょの水そうに入れて飼うと、金魚がメダカを食べてしまうこともあるそうだから、気をつけてね。メダカが卵(たまご)を産(う)んだり、大きく育つようすを観察(かんさつ)できるといいね!