●星座はいつからあるのだろう? ●星座とギリシャ神話 ●夏の大三角を見つけてみよう! 
特集3夏の大三角を見つけてみよう!
まず、方位磁針(ほういじしん)で東西南北の方位(ほうい)をしっかり確(たし)かめよう。図のアトム君のように東を向いて空を見ると、ひときわ白くかがやく星「ベガ」が見えるよ。21時ごろの空は、アトム君から見た「ベガ」の左下に明るく光っているのが「デネブ」。「ベガ」の右下を探(さが)すと「アルタイル」があるよ。この3つの星を結(むす)んでできる大きな三角形が「夏の大三角」。この三角形をもとに、「こと座(ざ)」「はくちょう座」「わし座」を探してみよう。
星クイズ ベガのある星座は次のうちのどれだろう?
   
遠くはなれている、おりひめとひこ星
7月7日の夜だけに会える、おりひめとひこ星の七夕伝説(たなばたでんせつ)はみんな知ってるよね。このおりひめが「ベガ」。ひこ星が「アルタイル」なんだ。天の川をはさんで 光っている2つの星は、遠くはなれているんだよ。宇宙(うちゅう)ロケットで行ったとしても、約(やく)40万年もかかるんだって!
天の川は何でできているの?
天の川は小さな星の集まりなんだ。発見したのは、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイという人だよ。約(やく)400年前、天の川を望遠鏡(ぼうえんきょう)で観察(かんさつ)し、たくさんの小さいな星の集まりであることに気がついたんだ。
まとめ
夜空の星たちをいろいろな形にして名前をつけたのが星座(せいざ)なんだね。
夏休みに、山や高原、海に出かけたら、いろいろな星座を探(さが)してみよう。
おすすめの観測場所
愛知県
・茶臼山高原(ちゃうすやまこうげん):北設楽郡豊根村(きたしたらぐんとよねむら)
・旭高原元気村(あさひこうげんげんきむら)キャンプ場:豊田市旭八幡町(とよたしあさひやわたちょう)
 ☆天文台「きらめき館」もあるよ
・スターフォレスト御園(みその):北設楽郡東栄町(きたしたらぐんとうえいちょう)
 ☆天体観測宿泊施設(てんたいかんそくしゅくはくしせつ)やプラネタリウムもあるよ
・伊良湖岬(いらごみさき):田原市伊良湖町(いらごちょう)
岐阜県
・金華山展望台(きんかざんてんぼうだい):岐阜市千畳敷(ぎふしせんじょうじき)
・乗鞍畳平(のりくらたたみだいら):高山市丹生川町(たかやましにゅうかわちょう)
・池田山山頂(いけだやまさんちょう):揖斐郡池田町(いびぐんいけだちょう)
・三国山山頂(みくにやまさんちょう):土岐市鶴里町(ときしつるさとちょう)
・根ノ上高原:恵那市(えなし)東野
・大船山頂(おおぶねさんちょう):恵那郡上矢作町(えなぐんかみやはぎちょう)
・中池公園:関市塔ノ洞(せきしとうのほら)
・西美濃天文台(にしみのてんもんだい):揖斐郡揖斐川町(いびぐんいびがわちょう)
・山之村(やまのむら)キャンプ場:飛騨市神岡町(ひだしかみおかちょう)
三重県
・青山高原:伊賀市(いがし)
・中里ダム:いなべ市藤原町(ふじわらちょう)
・大洞天文台(おおぼらてんもんだい):津市美杉町(つしみすぎちょう)
・県民(けんみん)の森:三重郡菰野町(みえぐんこものちょう)
・星の広場:四日市市水沢町(よっかいちしみずさわちょう)
静岡県
・朝霧高原(あさぎりこうげん):富士宮市(ふじのみやし)
・天城高原(あまぎこうげん):伊豆市(いずし)
・なかかわね三ツ星天文台:榛原郡(はいばらぐん)川根本町
長野県
・御岳山(おんたけさん):木曽郡王滝村(きそぐんおうたきむら)
・高嶺山(たかねやま):下伊那郡(しもいなぐん)平谷村