電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第751号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「月」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

岐阜県多治見市立北栄小学校6年生のお友達

月は、新月から満月(まんげつ)までの満(み)ち欠(か)けが30日間かかるってカレンダーみたいで面白いなあと思いました。それから、今までどうして昼なのにお月様が見えるのかなあって思っていたけど月がのぼる時間が毎日同じではないからなんだと分かりました。これからの季節(きせつ)、夜空の星だけじゃなくて月も見て楽しんでみようと思いました。


とてもいいところに気がついたね!「ひと月」というときの「月」は、お月様と同じ「月」という字を書くよね。昔の人は、月の満(み)ち欠(か)けを観察(かんさつ)して、新月から満月(まんげつ)、そしてまた新月に戻(もど)るまでにかかる日にち、約(やく)30日間を「ひと月」としてカレンダーを作っていたんだ。今のカレンダーは、太陽の動きを元にして作られているけれど、カレンダーと月は関係(かんけい)があったんだね。

静岡県静岡市立井宮小学校5年生のお友達

月の模様(もよう)が、国によっていろいろに見えることがとても面白かったです。


ほんとだね。今回しょうかいした見え方以外(いがい)にも、中国ではガマガエル、南アメリカではワニに例(たと)えられているよ。ほかにも国によっていろいろな見え方があるから、ぜひ調べてみてね!模様(もよう)の例え方はちがうけれど、世界中の人が、どこかで同じ月を見ているって思うと、なんだかステキだよね。

岐阜県池田市立温知小学校2年生のお友達

わたしは今まで、月の形がいつもちがっているのが分からなかったです。満月(まんげつ)や、三日月、とても不思議(ふしぎ)でした。それは月が回っているからと知りました。月は、自分で光ってると思ったけど、太陽が、光っていて、月が照(て)らされてました。太陽は、なんで、光ってるんですか。


今回の特集(とくしゅう)をとてもよく読んでくれているね!ありがとう。月は毎日形を変(か)えていくから、今夜はどんな形かな?ってときどき夜空を見上げてみてね。太陽が光っている理由は、太陽の中でいつも「核融合反応(かくゆうごうはんのう)」という現象(げんしょう)が起きているからなんだよ。太陽はきょだいなガスのかたまりで、中心ではいつも水素(すいそ)ガスがばくはつしているんだ。この時に出るものすごい熱(ねつ)と光が、太陽の光の正体なんだよ。

愛知県常滑市立西浦南小学校6年生のお友達

月って、とても大きいイメージがありました。でも、地球の4分の1しかないんだ、と思いました。地球から、月まで11年でいけるんだ~とびっくりしました。


月は地球に一番近いところにあるから、とても大きく見えるよね。でも一番近い月でも、もし歩いて行ったら11年もかかるんだね。地球から見える天体で、太陽も月と同じように大きく見えるけど、太陽の直径(ちょっけい)は地球の約(やく)109倍[直径は約130万2000km]もあるんだって。月よりも大きいのに、同じくらいの大きさに見えるのは、太陽がとても遠くにあるからなんだよ。地球から太陽までのきょりは約1億(おく)4960万km。もし歩いて行けたなら約4300年もかかるよ。宇宙(うちゅう)ってほんとに広いんだね!

長野県上伊那郡辰野町立辰野西小学校5年生のお友達

月も太陽と同じように、東から西へ動くなんて知りませんでした。


太陽や月、それから夜空の星も、東から西へ向かって動くんだよ。このように動いて見えるのは、地球が自分で一日一回転している[自転というよ]ことが関係(かんけい)しているんだ。ちなみに地球は西から東へ向かって回っているんだよ。…あれ?地球の動きと、見え方が逆向(ぎゃくむ)きだよね。ちょっと実験(じっけん)してみよう。立ったまま、ゆっくり左に回ってみてごらん。自分は左回りなのに、動きとは逆に、周(まわ)りの景色(けしき)は左から右に向かって動いて見えるよね。地球は西から東に向かって回っているので、同じように、空にある天体は東から西に動くように見えるんだよ。

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
おもしろいおたよりを送ってくれた人の中から5名のお友達(ともだち)に「太陽電池の工作キット」を送ります。

ページトップへ