電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第748号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
今回の特集 知っておこう、インフルエンザのこと!
特集1  インフルエンザってどんな病気なの?

インフルエンザは、「インフルエンザウイルス」によって引き起こされる病気だよ。インフルエンザウイルスは空気中をただよっているだけでは仲間(なかま)を増(ふ)やせないから、人や動物の体に入りこんで仲間を増やすんだ。インフルエンザウイルスが体の中で仲間を増やすと[感染(かんせん)というよ]、急に高熱(こうねつ)が出たり、頭や関節(かんせつ)が痛(いた)くなったりするんだよ。

太陽電池で電気をつくるしくみは、電気こどもシリーズの第658号「太陽光発電号」でしょうかいしているよ。ぜひ見てね!
インフルエンザウイルスはこうして増える
1

口や鼻から人の体に入ったウイルスは、のどの細胞(さいぼう)[体をつくる元になるもの]にくっつく。

ウイルスが細胞にくっつくイラスト
下矢印画像
2

中に入ったウイルスは、細胞(さいぼう)の力を使って、自分のコピーをつくらせる。

ウイルスがコピーをつくるイラスト
下矢印画像
3

仲間(なかま)を増(ふ)やしていっぱいになると、細胞(さいぼう)を飛(と)び出していく。

ウイルスが仲間を増やすイラスト
下矢印画像 4

こうして、一日で約(やく)100万個(こ)のウイルスが体の中にできてしまうんだ。

インフルエンザウイルスは熱に弱いイラスト

熱(ねつ)が出たとき、体の中で何が起こっているのかについては、電気こどもシリーズの第599号「ウイルス号」でしょうかいしているよ。ぜひ見てね!
第599号「ウイルス号」はこちら新しいウィンドウで表示されます

豆知識ウイルスって生物なの?

「生物の細胞(さいぼう)」と「ウイルス」のつくりを比(くら)べると、共通(きょうつう)しているのは内部に自分の設計図(せっけいず)を記録(きろく)していることだけだよ。細胞には自分でコピーを増(ふ)やすためのいろいろなしくみがあるけど、ウイルスにはそれが無(な)いんだ。設計図を記録した部分をおおう殻(から)や膜(まく)があるだけのウイルスは、細胞に比べて単純(たんじゅん)なつくりだから、設計図を持っているのに自分ではコピーをつくれないんだよ。ウイルスは生物のようで生物でないような不思議(ふしぎ)な存在(そんざい)なんだ。

インフルエンザクイズ:インフルエンザという名前の元になったのは「影響」という言葉だよ。では何の影響と考えられていたのかな?
  • 牛
  • 虫
  • 星