電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第744号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 ふだんの生活で気をつけることは?

インフルエンザにかかった人がせきやくしゃみをすると、ウイルスが飛(と)び散(ち)るよ。この飛び散ったウイルスを口や鼻から吸(す)いこんだり、ウイルスがついた物にふれた手で口や鼻をさわったりすると感染(かんせん)するよ。口や鼻からウイルスが入ってこないように、予防(よぼう)することが大切だよ。

せきやくしゃみからの感染を防ぐ
マスクをしよう

せきエチケット
せきやくしゃみのしぶきは、2mぐらい飛(と)ぶこともあるよ。周(まわ)りの人に気配(きくば)りをしようね。
・せきやくしゃみをするときは、人のいない方に顔を向けよう。
・マスクがないときは、ティッシュなどで鼻と口をおさえよう。

一日に何度もうがいをしよう。窓を1時間に1回開けて、部屋の空気を入れかえよう。 物からの感染を防ぐ 一日に何度も手を洗おう インフルエンザコラム インフルエンザにかかったら?

もし熱(ねつ)が出たら、十分に水分をとって、よくねむり、安静(あんせい)にしていようね。インフルエンザかもしれないと思ったら早めに病院へ行こう。ウイルスを人にうつさないために、マスクをすることと空気の入れかえも大切だよ。そして、熱が下がった後も、2日間は家の中で過(す)ごすようにしよう。インフルエンザウイルスは、熱が下がった後でも約(やく)2日間は体の中にいるんだ。すぐに学校へ行ったり、外へ遊びに行ったりすると、ほかの人にうつしてしまうかもしれないので注意してね。

まとめ

感染(かんせん)を防(ふせ)ぐには、ウイルスに負けない体をつくることも大切だよ。そのためには栄養(えいよう)のあるごはんを食べること、体を動かすこと、よくねむること。規則(きそく)正しい生活で、インフルエンザウイルスに負けない強い体をつくろうね。

みんなも予防と規則正しい生活を心がけてね!
この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第676号「インフルエンザ号」の壁新聞[PDF:3.38MB]