電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第751号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「パズル 一筆書き」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

愛知県知立市立八ツ田小学校4年生のお友達

思ったより、いろいろな形が作れるのでおもしろいと思いました。ぼくもいろいろな形を作ってみたくなりました。


一筆書き号のおたよりには、みんなが考えてくれたいろいろな図形の一筆書きが届(とど)いたよ。バラや自動車の一筆書きを送ってくれたお友達(ともだち)もいたんだ。みんな、どうもありがとう!奇点(きてん)の数が0個(こ)か2個になるようにすれば、どんな形でも一筆書きができる図形になるんだ。お友達と問題を出し合って、ぜひいろいろな図形を考えてみてね!

愛知県岡崎市立小豆坂小学校3年生のお友達

最初(さいしょ)はできないと思ったけど線をたどってみたらできたのでびっくりしました。


「できない!」とあきらめずに、線をたどったから感じることのできたおどろきだね。複雑(ふくざつ)な形を見ると、最初(さいしょ)は「一筆書きできない!」って思うよね。でも、今回しょうかいしたように、一筆書きできるかできないかは、形が複雑かどうかではなく、奇点(きてん)と偶点(ぐうてん)の数で決まるんだ。一筆書きに限(かぎ)らず、難(むずか)しいと思ってもまずちょうせんしてみてね。いろいろ試(ため)していると、意外な発見やおどろきに出会えるかもしれないよ。

愛知県豊橋市立植田小学校5年生のお友達

ひと筆でかけるかどうかすぐ見つけられる方法(ほうほう)がおもしろかった。


一筆書きの解(と)き方を発見したオイラーという人は、1700年代で最高(さいこう)の数学者といわれるほど、数学の世界ではとても有名な研究者(けんきゅうしゃ)だよ。出身地のスイスでは以前(いぜん)お札(さつ)にも登場していたんだ。晩年(ばんねん)、両目が見えなくなってしまっても数学の研究を続(つづ)けて、76歳(さい)で亡(な)くなるまでに700編(ぺん)以上(いじょう)の論文(ろんぶん)を発表したんだって。

静岡県浜松市立金指小学校4年生のお友達

全部の一筆書きが楽しかったです。青い一筆書きが一番難(むずか)しかったです。


青い一筆書きというのは、壁新聞(かべしんぶん)でアトムくんが解(と)いている問題[ホームページでは特集(とくしゅう)1の問題9]だね。この問題の点を一つひとつ調べていくと、奇点(きてん)が一つもないことがわかるよね。ということは、この図形は一筆書きができるということなんだ。解き方は一つじゃなくて、何通りもあるよ。いくつ見つけられるかな?

静岡県静岡市立横内小学校5年生のお友達

一筆書きおもしろかったです。いろいろなパズルのことを知りたいです。


実は昔から人々はパズルを解(と)いていたんだよ。古代エジプトや古代ギリシャの時代からパズルはあったんだ。でもそのころのパズルは、占(うらな)いなどに使われる神秘的(しんぴてき)なものだったと考えられているよ。現代(げんだい)のパズルは解いて楽しむためのものだよね。パズルというと、ピースを並(なら)べるジグソーパズルを思い浮(う)かべることが多いけど、ナンバープレイスのように紙とペンを使って解くものや、知恵(ちえ)の輪(わ)やハノイの塔(とう)のようにものを動かして解くもの、虫食い算のように計算して解くものなど、いろいろな種類(しゅるい)があるよ。図書館でパズルの本を借(か)りて、調べてみてね。

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
おもしろいおたよりを送ってくれた人の中から5名のお友達(ともだち)に「惑星(わくせい)を映(うつ)すプロジェクター」を送ります。

ページトップへ