電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
危険にそなえて知っておこう!こんなとき、どうする?
特集1  野山にひそむ危険
スズメバチ写真
命を落とすこともあるスズメバチの攻撃

人を刺(さ)すハチには、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどがいるよ。その中でも1番こわいのがスズメバチなんだ。特(とく)に夏から秋にかけて、巣(す)を守るために、集団(しゅうだん)で攻撃(こうげき)してくることがあるから、絶対(ぜったい)に巣に近づいたり、いたずらしたりしてはいけないよ。

スズメバチの巣イラスト
どうすれば身を守れる?
  • スズメバチを見かけたら、近くに巣(す)があるかもしれないよ。静(しず)かにその場から離(はな)れよう。
  • スズメバチが近づいてきたら、じっとして、いなくなるのを待とう。手をふり回すとかえって攻撃(こうげき)されてしまうよ。
  • 集団(しゅうだん)でおそってきたら、できるだけ急いで遠くへ逃(に)げよう。
  • 黒い色に向かう性質(せいしつ)があるので、白や黄色の服を着たり、ぼうしで髪(かみ)をかくしたりしよう。
  • 甘(あま)いにおいに寄(よ)ってくるので、ジュースを飲むときなども注意しよう。
力太イラスト 身近な危険コラム 知ってる?アナフィラキシーショック!

ハチに何回刺(さ)されても大丈夫(だいじょうぶ)な人もいるけど、ごく一部の人は、毒(どく)にアレルギー反応(はんのう)を起こすことがあるよ。ひどい場合には、「アナフィラキシーショック」といって、刺された場所の痛(いた)み以外に、じんましんやはきけなど、全身に症状(しょうじょう)が出ることがあるんだ。命を落とす危険(きけん)もあるので、すぐに救急車(きゅうきゅうしゃ)を呼(よ)ぼう。

もしスズメバチに刺されたら?

刺(さ)された場所をよく水で洗(あら)い流して、「抗ヒスタミン剤(こうヒスタミンざい)」という成分(せいぶん)をふくんだ虫さされの薬をぬろう。ぬらしたタオルや氷(ひょう)のうなどで冷(ひ)やすと、痛(いた)みがやわらぐよ。

こんな迷信はウソ!
おしっこをぬれば治る

「ハチに刺(さ)されたらおしっこをぬるとよい」と聞くことがあるけど、これはまちがい。効果(こうか)がない上に、かえって悪くなることもあるので絶対(ぜったい)にやめよう。

ニホンマムシ写真
草むらではニホンマムシに注意!

草むらや畑などにいるヘビで、とても強い毒(どく)を持っているよ。見つけたらじっとしているか、さわがず静(しず)かにはなれよう。もしかまれたら、できるだけ早く病院に行こう。

さわった後は手を洗おう!
ヒガンバナにも毒?

秋のお彼岸(ひがん)ごろに咲(さ)くヒガンバナは有毒(ゆうどく)植物なんだ。球根の毒が一番強いけど、くきや花などにも弱い毒があるので、むやみに口に入れてはいけないよ。

ヒガンバナ写真
 
アマガエルに毒があるって知ってた?

アマガエルはひふから毒(どく)を出しているんだ。傷(きず)のある手でさわったり、さわった手で目や口をこすると、とても痛(いた)くなるし、ときには失明(しつめい)することもあるから気をつけよう。

アマガエル写真