電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第752号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「停電と復旧」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

長野県長野市立信州新町小学校5年生のお友達

ブレーカーが切れると電気が消えたりすることがあることを知っていたけど、ブレーカーには種類(しゅるい)があることは知らなかったからとってもいい勉強になった。ありがとう。


今回の特集(とくしゅう)をよく読んでくれてありがとう!ブレーカーの種類(しゅるい)やそれぞれの役目を覚(おぼ)えてもらえたかな?停電(ていでん)が起きたとき、周(まわ)りの家の電気がついていて、自分の家だけ電気が消えていたら、電気の使いすぎが原因(げんいん)でブレーカーが切れたのかもしれないよ。そういうときは、電力会社に電話する前に、今回ホームページの特集1「ブレーカーの操作方法(そうさほうほう)はこちら」でしょうかいした方法で電気が使えるようになるかもしれないから、分電盤(ぶんでんばん)をお父さんやお母さんに操作してもらってね。

長野県塩尻市広丘小学校6年生のお友達

つい最近(さいきん)も停電(ていでん)が起こりました。今まで停電は自動で直ると思っていたので、電力会社の方が直してくれてるとは知りませんでした。


復旧作業(ふっきゅうさぎょう)のことを知ってもらえてうれしいな。今の電線はシステムが自動化されているので、営業所(えいぎょうしょ)から、故障(こしょう)した電線や工事中の電線のようすを確認(かくにん)できるよ。営業所で操作(そうさ)すれば、電気が流れるルートも変(か)えられるので、停電(ていでん)が起きてもすばやく対応(たいおう)できるんだ。でも故障した場所を直すときなどには、やっぱり人の力が必要(ひつよう)だよ。現場(げんば)で作業をする人たちは、停電のときにすばやく作業ができるよう、ふだんから訓練(くんれん)しているよ。中部電力では、復旧作業の技術(ぎじゅつ)やチームワークを競(きそ)う大会も行っているんだよ。

岐阜県可児市旭小学校2年生のお友達

電線についているがいしの役割(やくわり)を教えてください。


鉄塔(てっとう)や電柱をよく見てみると、鉄塔や電柱が電線と接(せっ)する場所にがいしがついているのがわかるかな。電線は、みんなの家に電気が届(とど)くまでの間、いくつもの鉄塔や電柱で支(ささ)えられているよ。もし、がいしがなかったら、電気は鉄塔や電柱を伝(つた)わって地面に流れてしまい、みんなの家に届く前に電気がなくなってしまうんだ。電気が鉄塔や電柱へ流れないようにするのが、がいしの役割(やくわり)なんだね!ちなみに、がいしはお茶わんやお皿と同じ磁器(じき)でできているよ。磁器は電気が流れにくいし、暑さや寒さ、雨にも強いから、がいしの材料(ざいりょう)にぴったりなんだって。

岐阜県大垣市笠郷小学校6年生のお友達

雷(かみなり)が落ちて長い時間停電(ていでん)したことがあります。とても不便(ふべん)で水も出なくなってろうそくの火ですごしました。私(わたし)も大変(たいへん)だったけど、電力会社の方も大変だったことがわかりました。いろいろなことがわかりました。


停電(ていでん)して電気が使えなくなると、いろいろ不便(ふべん)になって困(こま)ってしまうよね。雷(かみなり)が落ちることで、がいしがこわれたり、電線が切れたりして、停電することがあるんだよ。雷は、電圧(でんあつ)が数億(すうおく)ボルトもあるから、電線などに落ちると大きなしょうげきがあるんだ。それに、近くに雷が落ちただけでも、家電製品(かでんせいひん)がこわれることがあるよ。電線などを通って、雷が家に入ってくることがあるからなんだ。もし、雷がゴロゴロ鳴りだしたら、万が一に備(そな)えてコンセントからプラグをぬいておくといいね。

三重県四日市市桜小学校6年生のお友達

停電(ていでん)に関係(かんけい)ないときには鳥の巣(す)をそのままにしておいてあげるのを見て、感動しました。 電気も大切だけれど、生き物も大事だと思いました。


カラスは春先から初夏(しょか)にかけて巣(す)作りをするよ。中部電力全体では、一年間に約(やく)9,000個(こ)の巣が確認(かくにん)されていて、カラスなどの生き物が原因(げんいん)と考えられる停電(ていでん)は100件(けん)程度(ていど)起きているんだ。でも、カラスも子育てのために必死(ひっし)なんだよね。中部電力では、カラスと仲良(なかよ)くしながら、停電が起きないようにするために、カラスのことを研究(けんきゅう)して、さまざまな努力(どりょく)をしているよ。巣を残(のこ)す場合は、電線にふれない場所に移(うつ)したり、電気を通さない材料(ざいりょう)で巣を囲(かこ)んだりして、停電が起きないようにしているんだ。もし電柱にカラスが巣を作っているのを見つけたら、近くの中部電力まで連絡(れんらく)してね。

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
おもしろいおたよりを送ってくれた人の中から5名のお友達(ともだち)に「防災(ぼうさい)カードゲーム」を送るよ。

ページトップへ