電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第744号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 クイズにちょうせん!詰める方法を考えよう!

「詰(つ)め将棋(しょうぎ)」は、詰める方法(ほうほう)を考えるクイズだよ。
例題(れいだい)を参考(さんこう)にしながら解(と)いてみよう!

詰め将棋例題イラスト 次のクイズにちょうせんしてみよう!カーソルをイラストの上に置くと答えが出るよ。
駒を裏返すとパワーアップするイラスト
駒を裏返すとパワーアップするイラスト

もっと詰(つ)め将棋(しょうぎ)にちょうせんしたい人は、詰め将棋の本を図書館で借(か)りたり、インターネットで検索(けんさく)したりすると、いろいろな問題がしょうかいされているよ。詰め将棋の歴史(れきし)は古く、例(たと)えば江戸時代(えどじだい)には「将棋図巧(しょうぎずこう)」という、とてもすぐれた作品集がつくられたんだって。昔からたくさんの人たちが、将棋に親しんできたんだね。

まとめ

ルールを覚(おぼ)えたら、友達(ともだち)や大人の人と将棋(しょうぎ)をやってみよう!駒(こま)と将棋盤(ばん)がなかったら、紙に書いて手作りすればできるよ。周(まわ)りに将棋をよく知っている人がいれば、その人に教えてもらうと早く上達(じょうたつ)できるね。

この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第685号「将棋号」の壁新聞[PDF:3.3MB]

おもな参考文献

「羽生善治のみるみる強くなる将棋入門」羽生善治 監修(池田書店)、 「マンガ版 将棋入門」藤井ひろし 著(創元社)、「やさしいこども将棋入門」中原誠 監修(池田書店)、「将棋のひみつ」安恵照剛 監修(学研教育出版)、日本将棋連盟ホームページ