電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 電気を使う量はどれくらい増えたの?

約(やく)60年前から現在(げんざい)までの間に、家庭ではたくさんの電気製品(でんきせいひん)が使われるようになったよ。それと共(とも)に、電気が使われる量(りょう)も増(ふ)えてきたんだ。電気を使うようになって、夏も冬も過(す)ごしやすく、快適(かいてき)なくらしができるようになったんだね。

主な電気製品の増え方グラフ 家庭で使われる電気の量グラフ くらしと電気コラム 昔はどんな遊びをしていたのかな?

今はテレビゲームで遊ぶ子が多いと思うけれど、おじいちゃん、おばあちゃんが子どものころは、まだテレビゲームはなかったよ。昔はどんなおもちゃで遊んでいたのかな?

野球ばん

1958年に発売されたよ。当時のものは、木でできていたんだ。

めんこ

地面にたたきつけて勝負(しょうぶ)するよ。ヒーローの絵がかかれていたんだ。

リリヤン

きれいなひもが作れるよ。上のつき出た部分に毛糸を引っかけて編(あ)むんだ。

この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第689号「くらしと電気号」の壁新聞[PDF:4.75MB]

まとめ

電気製品(でんきせいひん)は、みんなのくらしを便利(べんり)にしているんだね。でも、電気を使う量(りょう)も増(ふ)えているから、電気をむだ使いしないように、例(たと)えば、テレビを見ないときには消すなど、じょうずに使うことが大切だね。

おもな参考文献

昭和日常博物館 ホームページ、パナソニック株式会社 ホームページ、株式会社東芝 ホームページ、「昔のくらしの道具事典」小林克 監修(岩崎書店)