電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第748号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
南極観測隊を知ってる?
特集1  南極ってどんなところ?

世界で一番寒いところで、最低気温(さいていきおん)が-89.2℃になったこともあるよ。周(まわ)りを海に囲(かこ)まれた大陸(たいりく)で、雪と氷におおわれているんだ。厳(きび)しい環境(かんきょう)で、ずっと人が住んでいなかったから、大自然(だいしぜん)がそのまま残(のこ)っているよ。だから、地球の環境を調べられる貴重(きちょう)な場所なんだよ。

南極までどうやって行くの?

南極観測隊(なんきょくかんそくたい)は、飛行機(ひこうき)でオーストラリアまで行って、そこから南極観測船「しらせ」に乗りこみ、約(やく)1ヶ月かけて日本の基地(きち)「昭和基地」へ向かうよ。

南極観測船「しらせ」
南極では息が白くならない?!

寒いところで、はぁ~っと息をはくと、白く見えることがあるよね?でも南極(なんきょく)だと、息をはいても白くならないんだ。息が白く見えるのは、息にふくまれる水蒸気(すいじょうき)[水が蒸発した気体]が、空気中のチリやホコリとくっつき、水てきになって、目に見えるようになるからだよ。南極の空気には、チリやホコリが少ないので水蒸気が水てきにならないんだ。それくらい、南極の空気がきれいだということだね!

南極と北極を比べてみよう!

地球の南のはしにある南極(なんきょく)と、北のはしにある北極(ほっきょく)。どちらも地球のはしにあって、とても寒い場所だよ! 南極と北極では、ちがいはあるのかな?比(くら)べてみよう!

南極と北極のちがうところ

南極(なんきょく)は、ほとんどの場所が「南極大陸(たいりく)」という陸地で、北極(ほっきょく)はほとんどの場所が「北極海」という海にうかぶ氷の上にあるよ。「陸」と「海」のちがいなんだ。

南極と北極にあるもの
オーロラ
オーロラ

オーロラのしくみは、第648号「オーロラ号」を見てね!
第648号「オーロラ号」はこちら新しいウィンドウで表示されます

白夜と極夜

夏は太陽が一晩中(ひとばんじゅう)しずまない「白夜(びゃくや)」になり、冬は一日中太陽が出ない「極夜(きょくや)」になるよ。それぞれ、約(やく)1ヶ月半も続(つづ)くんだ。

南極と北極はどちらが寒い?!

南極(なんきょく)の平均気温(へいきんきおん)は、だいたい-50℃~60℃くらい、北極(ほっきょく)は-25℃くらいで、じつは南極の方がずっと寒いんだ。理由は、海の方が陸地(りくち)より温度が下がりにくいことと、北極より南極の方が厚(あつ)い氷におおわれていて、海からの熱(ねつ)が伝(つた)わりにくいからだといわれているよ。北極はほとんどが海の上で、氷の厚さは平均10mほどだよ。南極はほとんどが陸地で、氷の厚さが平均2,450mもあるんだ。南極は陸地が多く、氷が厚いから、北極よりも寒いんだね。

地球の温度が上がり[地球温暖化(おんだんか)というよ]、氷がとけ出してしまうと、地球の海面が上がってしまうかもしれないんだ。でも、北極はほとんどが海の上なので、氷がとけても海面は上がらないんだよ。コップいっぱいに水と氷を入れたとき、氷がとけてもコップから水があふれることがないのと同じだね。

南極コラム 南極の生き物

南極(なんきょく)は厳(きび)しい環境(かんきょう)なので、地球のほかの地域(ちいき)に比(くら)べて、生き物の種類(しゅるい)は少ないよ。でも南極でしか見られない独特(どくとく)の生き物がくらしているよ。南極大陸(たいりく)とその周辺(しゅうへん)の海や島にすむ生き物をしょうかいするね!

陸にくらす生き物

南極(なんきょく)といえばペンギン!ジェンツーペンギンやヒゲペンギンなど、南極大陸(たいりく)や周辺(しゅうへん)の島などに、いろいろな種類(しゅるい)のペンギンがいるよ。その中で、コウテイペンギンとアデリーペンギンの2種類だけが、南極の中でも特(とく)に寒い地域(ちいき)で子どもを産(う)んで育てるよ。

コウテイペンギン

体長約(やく)100~130cm。ペンギンの中では一番大きいよ。

アデリーペンギン

体長約(やく)70cm。顔が黒く、目の周(まわ)りとおなかが白いのが特(とく)ちょうだよ。

海にくらす生き物

南極(なんきょく)の海は、えさとなる海藻(かいそう)や小魚などが豊富(ほうふ)で、アザラシやクジラ、イルカなどがすんでいるんだ。

ウェッデルアザラシ

体長はオスが約(やく)280cm、メスが約(やく)330cmで、体重は約(やく)400~450kg。
南極(なんきょく)の海にはほかにも、ヒョウアザラシやカニクイアザラシなど、世界中のアザラシの60%がくらしているよ。