電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第744号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 ニホンウナギがいなくなる?世界に先がけた、養しょくの研究!

2013年2月に、ニホンウナギは「絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)※」に指定されたよ。海や川のよごれや、シラスウナギと親ウナギをとりすぎたために、どんどん減(へ)ってしまったんだ。絶滅を防(ふせ)ぐためにも、完全(かんぜん)養(よう)しょくの研究(けんきゅう)が進められているよ。

※近い将来(しょうらい)に、野生での絶滅[ほろびていなくなること]のおそれがある生き物のことだよ。

完全養しょくの難しいところ
親ウナギが卵を産むまで

人工的(じんこうてき)にメスにすることができたけれど、卵(たまご)をたくさん産(う)ませるのが難(むずか)しいんだ。

卵からシラスウナギに育つまで

水の管理(かんり)が難(むずか)しくて大きな水そうが使えないから、少ない数しか育たないんだ。

この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第691号「ウナギ号」の壁新聞[PDF:5.1MB]

まとめ

ウナギが育つ環境(かんきょう)を守るために、海や川にむやみにごみを捨(す)てないなど、私(わたし)たちにできることがあるよ。ウナギの調査(ちょうさ)や研究(けんきゅう)がもっと進んで、絶滅(ぜつめつ)から守りたいね。

おもな参考文献

「旅するウナギ―1億年の時空をこえて」黒木真理・塚本勝巳 著(東海大学出版会)、「ウナギ―地球環境を語る魚」井田徹治 著(岩波新書)、独立行政法人 水産総合研究センターホームページ、静岡県水産技術研究所 浜名湖分場ホームページ、水産庁ホームページ、環境省ホームページ、厚生労働省ホームページ、NHKホームページ、キッズgooホームページ、ナショナル ジオグラフィックホームページ