電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第744号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集2 漢字はどうやってできたの?

漢字は最初(さいしょ)、物の形や様子を絵のように表していたよ。長い歴史(れきし)の中で、形が変化(へんか)したり、漢字と漢字を組み合わせたりして、新しい漢字がつくられていったんだ。漢字のなりたちには、大きく分けて4種類(しゅるい)があるよ。

漢字コラム 漢字のなりたち おもしろ豆知識

「カラス」「ハト」「アユ」「クジラ」の漢字のなりたちをしょうかいするよ。

カラスは体が真っ黒で目も黒いから、目の部分が見えにくいよね。だから「鳥」という字の、目の部分を表す横棒(よこぼう)を一本なくして、「烏(からす)」になったんだ。

「九」と「鳥」が組み合わさっているよ。鳩(はと)が「ク・ク・ク」と鳴くことなどから「九」という字が使われたんだ。

「魚」と「占[う]」が組み合わさっているよ。これは、昔のえらい人がうらないをするときに、鮎(あゆ)を使っていたからなんだ。

「魚」と「京」が組み合わさっているよ。「京」は数字の単位(たんい)で、億(おく)、兆(ちょう)のあとに続(つづ)く大きな数字だよ。だから、大きなクジラに京が使われたんだ。また、「京」は「みやこ」という意味があって、「高くて大きい」というイメージを表す字でもあるんだ。

漢字クイズ

この8つは、すべて動物や植物の名前だよ。なんの動物か当ててみよう!
漢字の意味を考えるとわかるかも!?漢字の上にマウスをのせると、答えが表示(ひょうじ)されるよ。

  • 海月
  • 海星
  • 百足
  • 土竜
  • 河馬
  • 西瓜
  • 南瓜
  • 土筆