電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第745号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
冬の星座を見つけよう!
特集1  星の光は、どれくらい遠くから届く?

地球から星までのきょりを表すのに「光年」という単位(たんい)を使うよ。1光年は、光が1年間に進むきょり[約(やく)9兆(ちょう)5千億(せんおく)km]のことだよ。例(たと)えば、オリオン座(ざ)の 1等星「ベテルギウス」は地球から497光年。つまり、私(わたし)たちは497年かけて届(とど)いた光を見ているんだ。星は、想像(そうぞう)がつかないほど遠くにあるんだね。

星座コラム ベテルギウスはもうすぐ爆発する?

生き物と同じように、星にも寿命(じゅみょう)があるよ。オリオン座(ざ)の1等星「べデルギウス」は、半径(はんけい)が太陽の1,000倍もある、炎(ほのお)におおわれた赤い巨星(きょせい)なんだ。ここ数年の観測(かんそく)で、いびつな形になっていることがわかり、近い将来(しょうらい)爆発(ばくはつ)して最期(さいご)をむかえる「超新星爆発(ちょうしんせいばくはつ)」がおきると予測(よそく)されているよ。もし爆発したら、3時間後には満月(まんげつ)の100倍の明るさでかがやき、昼間でも見えるといわれているよ!