電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第734温州みかん ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集2 いろいろな場面でかつやくするロボット

人間の役に立つために、数えきれないほどたくさんのロボットが、いろいろな場面ではたらいてくれているんだ。ここでは、その中の一部をしょうかいするね!

災害や事故の復旧をする

人が入れないところではたらくよ。福島第一原子力発電所でも、がれきのてっきょなどをしているよ。

気持ちをいやしてくれる

話しかけると返事をしたり、抱(だ)きかかえると喜(よろこ)んだりして、いっしょにいる人の気持ちをいやしてくれるよ。主に病院や福祉施設(ふくししせつ)などでかつやくしているよ。

介護の手助け

介護士(かいごし)さんの代わりになって、高齢者(こうれいしゃ)や体が不自由(ふじゆう)な人を手助けするよ。

そうじをする

効率(こうりつ)がいいルートを自分で考えながら、部屋の中を動き回って、そうじをするよ。そうじが終わったら、自分で充電器(じゅうでんき)にもどるよ。

工業製品を作る

ものをつくる工場には、たくさんのロボットが使われているよ。部品の組み立てや色ぬりなどを、すばやく正確(せいかく)に作ることができるよ。

宇宙の様子を調べる

わく星探査(たんさ)ロボットは、まわりの様子を見ながら、自分の判断(はんだん)で岩をよけたり、写真を撮(と)って地球へ送ったりすることができるよ。

ロボットコラム 小学生も参加できるロボット競技大会「ロボカップジュニア」

自分の作ったロボットなどでいろいろな競技(きょうぎ)を行う「ロボカップ」という大会があるよ。この大会には、小学生も参加(さんか)できる「ロボカップジュニア」という部門もあって、毎年たくさんの小学生が参加しているよ。「ロボカップジュニア」の競技は、2対2でサッカーを行う「サッカーチャレンジ」、ダンスや演技(えんぎ)をする「ダンスチャレンジ」、迷路(めいろ)の中で障害物(しょうがいぶつ)を乗り越(こ)えながら被災者(ひさいしゃ)を見つける「レスキューチャレンジ」の3種類(しゅるい)だよ。「サッカーチャレンジ」は、市販(しはん)のキットを使ったかんたんなロボットで参加できるので、興味(きょうみ)のある人はぜひチャレンジしてみてね。

この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第695号「ロボット号」の壁新聞[PDF:4.35MB]

まとめ

ロボットの研究(けんきゅう)はこれからもっと広がっていくよ!でも私(わたし)たち人間が生み出したロボットが、人間に危険(きけん)をおよぼしたり、環境(かんきょう)をはかいしたりしてはいけないよね。世界中の人が幸せにくらせる未来(みらい)をつくるために、みんなにも将来(しょうらい)、ロボット研究でかつやくしてほしいな。

おもな参考文献

「ロボットの歴史としくみ」毛利衛 監修(学習研究社)、「ロボットの大常識」日本ロボット工業会 監修(ポプラ社)「人を助けてはたらくロボット」毛利衛 監修(学習研究社)、「徹底図解 ロボットのしくみ 」新星出版社編集部 編集(新星出版社)、「学習漫画 ぼくの友だちはロボット」神宮寺一、 黒沢翔 著(集英社)