電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第751号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「地図」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

愛知県立日進市北小学校6年生のお友達

地図作りって大変(たいへん)なんだね。地図記号はだれが作っているの?地図記号の歴史(れきし)について知りたいな。


地図記号は昔から使われていて、特集(とくしゅう)1でしょうかいした伊能忠敬(いのうただたか)の日本地図にも、神社や宿場などの記号があるよ。記号が地図によってちがうと混乱(こんらん)するので、1986年に国土地理院が地図記号を決めたんだ。時代の変化(へんか)に合わせて見直しが行われ、なくなるものや、新しく作られるものもあるよ。例(たと)えば、2006年には「風車」と「老人(ろうじん)ホーム」の記号が新しく加(くわ)えられたよ。「老人ホーム」の記号は、建物(たてもの)の中につえをかいたデザインになっていて、これは小学生のアイディアをもとに作られたんだって。また新しい地図記号のアイデア募集(ぼしゅう)があったら、考えてみたいね。

長野県小布施町栗ヶ丘小学校4年生のお友達

飛行機(ひこうき)のところから、写真を撮(と)っているなんて、初(はじ)めて知りました。


そうだよね、飛行機(ひこうき)から撮(と)った写真で、山や建物(たてもの)の高さもわかるなんておもしろいね!空中写真は、地上のようすがはっきりとわかるよう、雲ひとつない晴れた日に、高い山や建物のかげが少ない時間帯(じかんたい)を選(えら)んで撮影(さつえい)するよ。写真は、となり同士(どうし)が半分以上(いじょう)重なるように連続(れんぞく)して撮っていくんだ。こうすると、図化機(ずかき)に取りこんだとき立体的(りったいてき)に見ることができて、位置(いち)や高さのデータを出すことができるんだよ。半分以上重なる連続写真(れんぞくしゃしん)を2枚(まい)使えば、肉眼(にくがん)でも立体的に見ることができるよ。左の眼(め)で左に置(お)いた画像(がぞう)だけを、右の眼で右に置いた画像だけを見ると、立体に見えるんだ。国土地理院のホームページでは、撮影された空中写真や、実際(じっさい)の空中写真を使って、肉眼で立体に見ることができる画像がしょうかいされているよ。ぜひ見てみてね!

国土地理院のホームページ「空中写真」新しいウィンドウで表示されます

岐阜県美濃加茂市上麻生小学校3年生のお友達

いろいろな地図記号がわかって楽しかったです。また、いろいろな地図記号を調べたいです。


地図記号にはたくさんの種類(しゅるい)があるけれど、記号の形がなにをもとにして作られたかを知ると、より楽しく覚(おぼ)えられるよ。例(たと)えば、図書館は本の形、神社は鳥居(とりい)の形、工場は使われている機械(きかい)の歯車の形、田んぼはいねをかり取ったあとの形がもとになっているんだ。ほかの地図記号についても、本やインターネットで調べてみるとおもしろいよ!

国土地理院のホームページ「地図記号一覧」新しいウィンドウで表示されます

愛知県名古屋市平針南小学校4年生のお友達

伊能忠敬(いのうただたか)さんが、そんなに長いきょりを歩いて測(はか)ったのはすごい。


伊能忠敬(いのうただたか)は、測量(そくりょう)をする前は商人として働(はたら)いていたんだ。子どものころからの夢(ゆめ)をかなえるために、なんと50歳(さい)になってから、天文学や測量のための勉強を始めたんだって。自分の店を息子にゆずって、20才近くも年下の先生に弟子入りして学んだそうだよ。その後、55才から71才までの16年間をかけて、日本各地(にほんかくち)の測量をして地図を作ったんだ。歩いたきょりもすごいけれど、測量にかける情熱(じょうねつ)と、夢を実現(じつげん)させる実行力もすごいね。

愛知県名古屋市赤星小学校2年生のお友達

学校の地図記号は覚(おぼ)わりました。


小中学校の地図記号は、「文」という漢字をもとに作られたよ。よく似(に)た地図記号には、「文」が丸で囲(かこ)まれているものがあって、それは「高校」を表す記号なんだ。ちなみに大学は小中学校と同じ「文」の地図記号の上に「(大)」と書かれて区別(くべつ)できるようになっているよ。記号で簡単(かんたん)に表すために、工夫(くふう)してあるんだね。自分が通っている小学校の位置(いち)や、高校と大学の地図記号を、ぜひ地図で探(さが)してみてね!

国土地理院のホームページ「高等学校」新しいウィンドウで表示されます
国土地理院のホームページ「大学等」新しいウィンドウで表示されます

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
今回の特集「富士山号」におたよりを送ってくれた人の中から、5名のお友達(ともだち)に「富士山(ふじさん)をしょうかいした本」を送るよ。

ページトップへ