電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第745号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 クロールの正しい動きを知ろう!

クロールで長く泳ぐために、手と息つぎ、足の動きを見直してみよう!「手の動き」と「息つぎ」はいっしょに陸上(りくじょう)で、「足の動き」はプールサイドやビート板を使って練習してみよう。

手の動き

泳ぎはじめからすぐに手をグルグルと必死(ひっし)にかかずに、手を水中に入れたあと、まずは腕(うで)をひとのびさせて、スーっと水の流れにのってみよう。スーっと気持ちよくのびてから、手の動きの説明(せつめい)のようにかいてね。また、前に進むのに、手で進もうと手を動かすことばかり考えなくていいよ。手はキック[足の動き]のおまけくらいに思って、楽にやってみてね。

ポイント

より遠くの水をかくと、よく進むようになるよ。そのためには、肩甲骨(けんこうこつ)を意識(いしき)して腕(うで)をのばそう。

息つぎのしかた

半分はいたら、半分吸(す)うくらいで呼吸(こきゅう)しよう。

足の動き

ひざは曲げすぎず、のばしすぎずがベストだよ。力みすぎないよう、足全体をやわらかく使おう。

ポイント

より多くの水をけると、よく進むようになるよ。そのためには、足首をやや内股(うちまた)にしよう。

この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第699号「上手に泳ぐ科学号」の壁新聞[PDF:4.2MB]

まとめ

いろいろなコツをしょうかいしたけれど、楽しく、ワクワクしながら泳ぐと、すぐに上手になるよ。力を入れすぎないようにして、体全体で、大きく、気持ちよく泳いでみよう。今から夏が、まちどおしいね!

おもな参考文献