電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第743号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
人間は塩がないと生きられない?
特集1  塩の生まれ故郷は海だった!

日本では、おもに海水から塩(しお)を作っているよ。海水がしょっぱいのは、塩がとけているからなんだね。この塩がどうやってできたかは、地球の歴史(れきし)と関係(かんけい)しているよ。時代をさかのぼって、塩の誕生(たんじょう)を見てみよう!

海で出会ったふたつの塩のもと 塩コラム 湖や岩からも塩が作れる!?

日本では海水から塩(しお)を作っているけれど、外国では、「塩湖(えんこ)」という塩水(しおみず)をふくんだ湖や、「岩塩(がんえん)」という塩のかたまりからも塩を作っているよ。「塩湖」とは、大昔に陸地(りくち)の形が変(か)わったときに、海水が閉(と)じこめられてできた湖だよ。長い年月をかけて水分が蒸発(じょうはつ)して、塩分がとても濃(こ)くなったんだ。塩湖の水がさらに蒸発して結晶(けっしょう)になり、上に土砂(どしゃ)が積(つ)もって地中でおし固(かた)められたのが「岩塩」だよ。塩湖も岩塩も、元をたどれば海からできているんだね。