電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第743号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集2 体に塩が必要なのはなぜ?

今から約(やく)38億年(おくねん)前のこと、地球で最初(さいしょ)の生命が海の中で誕生(たんじょう)したよ。それは、ひとつの細胞(さいぼう)[単細胞生物(たんさいぼうせいぶつ)]だったと考えられているんだ。私(わたし)たちの体は、たくさんの細胞から作られているから、大昔と同じように、細胞が塩水(しおみず)にひたっていないと生きられないしくみなんだ。だから体を正常(せいじょう)に保(たも)つためにも、食べ物などから常(つね)に塩をとり入れる必要(ひつよう)があるんだよ。

塩は体の中で、いろいろなはたらきをしている! 塩コラム 動物はどうやって塩をとっている?

人間と同じように、動物も生きていくためには塩(しお)が必要(ひつよう)だよ。でもゾウやキリン、牛、馬などの草食動物が食べる草や木の葉には、塩が入っていないんだ。そこで、塩をふくんだ水や土があるところまで行って、飲んだりなめたりすることで塩をとり入れているよ。ライオンやトラなどの肉食動物は、他の動物を食べて生活しているよ。動物の血や骨(ほね)に塩がふくまれているので、肉食動物は、あえて塩をとる必要がないんだ。