電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第759号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 空気のはたらきを知ろう!

「あたためると、ふくらむ」「閉(と)じこめた空気をおしちぢめると、元の形にもどろうとする」など、空気にはいろいろなはたらきがあるよ。これらのはたらきが、どんなふうに役立つのか見てみよう!

空気をあたためると、ふくらむ

あたためてふくらんだ空気は、まわりの空気よりも軽くなり、上にのぼっていくよ。熱気球(ねつききゅう)はこのはたらきを利用(りよう)して飛(と)ぶんだ。

閉じこめた空気をおしちぢめると、元にもどろうとする

ボールをおすと元の形にもどるように、空気はちぢんだり、元にもどったりするよ。このはたらきが、電車やトラックのゆれをおさえる「空気バネ」という部品に使われているんだ。

空気のふるえが、音を伝える

スピーカーやギターのげん、たいこなど、音が出たときにさわると、ふるえていることがわかるよ。このふるえが空気に伝(つた)わり、私(わたし)たちの耳に届(とど)くことで、音として聞こえるんだ。

空気にふくまれている酸素が物を燃やす

物が燃(も)えるとき、空気中の酸素(さんそ)と結(むす)びつくと熱(ねつ)や光が出て、燃え続(つづ)けることができるよ。

空気の移動で風がふく

空気はあたたまると軽くなって上にのぼり、冷(つめ)たくなると重くなって下におりていくよ。空気がのぼったり、おりたりしたところは空気がうすくなるので、まわりから別(べつ)の空気が流れこんでくるんだ。この空気の移動(いどう)が「風」だよ。地球上では、複雑(ふくざつ)にいろいろな風がふいているよ。

閉じこめた空気をおしちぢめると、温度が上がる

空気を閉(と)じこめてギュッとおしちぢめると、空気の温度が上がって熱(あつ)くなるよ。このはたらきが、ヒートポンプという機械(きかい)に利用(りよう)されていて、空気の熱(ねつ)で、お湯をわかすことができるんだ。

この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第703号「空気号」の壁新聞[PDF:4.6MB]

まとめ

生き物が生きていくのに欠(か)かせない空気は、ほかにも、いろいろなところで役立っているんだね。大切な空気をみんなで大事にしよう。

おもな参考文献

「21世紀こども百科 科学館」小暮陽三・山田卓三 監修(小学館)、「エコパル名古屋 VOL.56 秋号 私たちにとって「空気」とは」(名古屋市環境学習センター)、パナソニックキッズスクール ホームページ、学研キッズネット ホームページ

ページトップへ