電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第748号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
お米について知ろう!
たきたてホカホカのご飯や、遠足や運動会で食べるおにぎりっておいしいよね。
私たちの食卓に欠かせないお米について、いろいろな面からしょうかいするよ!
特集1  お米はどうやってできるの?

みんながふだん食べているお米は、イネという植物の、種(たね)の部分なんだ。お米は、1粒(ひとつぶ)の種からなんと、2,000粒以上(いじょう)のお米がとれるよ。すごい数だよね。種のしくみとイネの生長のようすを見てみよう!

お茶わん1膳のお米は、約2,500~3,000粒あるよ。
イネの種(米)のしくみ イネの生長 4月ごろ種をまく
はじめは、苗代に種をまいて、苗を育てるよ。
田んぼでは、田おこしをしたり、肥料をまいたり、田植えの準備をするよ。 5月ごろ 田植えをする
葉が3~5枚に増えたら、水をはった田んぼ[水田]に植えかえるよ。 イネは、水中で呼吸できる!

野菜(やさい)など田畑で育てる作物は、根や茎(くき)が水につかると、空気が足りなくなって、しおれてしまうんだ。でもイネは、根や茎に、空気の通り道になる穴(あな)がたくさんあって、葉から吸(す)いこんだ空気を、全体に行きわたらせることができるんだ。

水の中だと、病気の原因になる菌やカビが増えにくいし、水にふくまれる栄養も吸収できるし、いいことがたくさんあるんだよ。 7~8月ごろ 花がさく
茎の先から穂が出て、花がさくよ。さいている時間は、ほんの1~2時間!その後、実がふくらんでくるよ。 9月ごろ 実をつける
実がつくと、重さで穂がたれ下がるよ。緑色だった穂は、黄金色に変わり、さぁ、収穫だ!イネをかんそうさせたあと葉[ワラ]を取り、精米[ぬかなどを取りのぞく作業]をしたらお米の完成! 精米の種類