電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第744号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
COP21ってなに?
11月30日から世界の国々がフランスのパリに集まり「COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)」という会議を行うよ。
地球と私たちの未来にとって、とても大事なことを決める会議なんだ。
いったい、どんなことを話し合うのかな?
COP21ってどんな会議?

地球温暖化対策(ちきゅうおんだんかたいさく)について決める会議(かいぎ)で、毎年1回開かれているよ。1997年に京都で行われたCOP3では、「京都議定書(きょうとぎていしょ)」という条約(じょうやく)が決まり、先進国※は二酸化炭素(にさんかたんそ)の量(りょう)を減(へ)らすことが義務(ぎむ)になったんだ。21回目のCOP21では、発展途上国(はってんとじょうこく)※などをふくめた全ての国が、二酸化炭素を減らす約束(やくそく)をすることを目指しているよ。
※先進国は経済(けいざい)や技術(ぎじゅつ)などが進んでいる国で、発展途上国はそれらの発展がまだじゅうぶんに進んでいない国だよ。

COP21で日本は二酸化炭素の量を「2030年度までに、2013年度と比べて26%減らす」という目標を提出しているよ。 COP21コラム COPにはいろいろあるよ

COPは「締約国会議(ていやくこくかいぎ)」の略(りゃく)で、参加(さんか)する国でなにかを決定するときの会議を、環境問題(かんきょうもんだい)に限(かぎ)らずCOPと呼(よ)ぶんだ。例(たと)えば「生物多様性(せいぶつたようせい)」、「砂漠化対処条約(さばくかたいしょじょうやく)」など会議のテーマはちがうけれど、これらもCOPと呼ばれているよ。

どうして二酸化炭素が地球温暖化の原因になるの?

地球の空気には、もともと二酸化炭素(にさんかたんそ)や水蒸気(すいじょうき)などの気体がふくまれているよ。これらの気体は「温室効果(おんしつこうか)ガス」といって、太陽光から降(ふ)り注(そそ)ぐ熱(ねつ)を、宇宙(うちゅう)ににがさない働(はたら)きをしているんだ。温室効果ガスのおかげで、地球は生き物にとってすみやすい温度に保(たも)たれているよ。でも、石油・石炭・天然(てんねん)ガスを使用して、人間が生活するときに出す二酸化炭素が増(ふ)えすぎると、より多くの熱が閉(と)じこめられて地球の温度が上がり、「地球温暖化(ちきゅうおんだんか)」になってしまうんだ。特(とく)に二酸化炭素は、自動車・飛行機(ひこうき)・船を動かしたり、電気をつくったりする燃料(ねんりょう)[石炭・石油など]を燃(も)やしたときに多く出るよ。

二酸化炭素などの温室効果ガスが増えすぎて、温度が上がりすぎてしまうよ。
石炭・石油・天然ガスなどの燃料を燃やすときに二酸化炭素(CO2)が出るよ。
地球温暖化を防ぐためにも、世界中の国々で力を合わせて二酸化炭素の量を減らすことが大事なんだよ。